猫の緑内障の症状とは?失明のリスクもある緑内障の原因と対策方法

猫を飼育する中で視力障害をきたす病気として代表的な病気が、緑内障です。眼球の内部には房水とよばれる水分が循環し一定の圧力(眼圧)で維持されています。房水は黒目の周りに存在している毛様体で作られた後、眼球内を循環し隅角とよばれる個所から排出されることで、眼圧が急激な変動を見せないように調節されています。ところが遺伝的素因や外傷・腫瘍の発生などを原因として、隅角からの房水の排出が滞ることで過剰な房水が貯留することで眼圧が上昇し、視神経が障害を受けることがあります。これが緑内障ですが、猫の場合は遺伝的素因や原因不明の突発性のものはまれで、外傷や炎症や腫瘍などの原因となる病気が引き金になって発症する続発性緑内障が大半を占めるとされています。進行すると視神経の細胞が高い眼圧の影響で死滅し、視野の欠損や最悪の場合失明に至るので飼主さんとしては、出来る限り早期に発見して動物病院で適切な治療をうける必要があります。

そのため飼主さんはわずかな異変も見逃さないために、症状を観察することがポイントです。猫の緑内障の主な症状は、白目の充血や瞳孔の散大、黒目(角膜)が白く濁るなどがあります。瞳孔は明るい場所では細く閉じている部分が、明るい場所でも大きく広がってしまうと言うものです。病状が進行すると視野が欠損してくるので、屋内の机の脚や壁などにぶつかるなどの症状も見られます。また眼圧が上昇すると目に痛みを生じるので、目をしょぼしょぼさせたり、目が閉じたままになるなど眼球をめぐる異常が観察されるようになります。痛みが強い場合には、食欲不振になったり、元気がなくなり頭を触られるのを嫌がるなどの変化もみられます。末期には眼球が突出してきたり、がん内出血などをきたすことも。

猫の緑内障の治療は大きく分けると、保存的治療と手術の二つになります。保存的治療は主に眼圧を下げるための点眼薬や内服薬、点滴による眼圧降下などが実施されています。保存的治療を実施してみても十分に眼圧を下げることが出来ない場合は、レーザーなどを用いて房水の排出を促す手術などの適応になる場合もあります。しかしながら猫の緑内障の手術には、専門的手技と専用の器具や設備が必要になるので、事前にかかりつけの動物病院に相談することが必要です。

猫の緑内障は予防は困難ですが、初期段階で治療を開始することで保存的治療により視力を維持できる場合もあるので、日頃から様子を観察し異常を早期に発見できるよう注意してください。