フィラリアの主な症状と感染経路|犬の病気の中でも危険とされる理由とは?

犬を診ている医者たち

犬の病気のなかでも昔から脅威とされてきた感染症がフィラリア症になります。蚊の媒介により感染するのが特徴で、主に犬や猫に寄生することが多いですが稀に人が感染する場合もあります。蚊の体内では幼生の状態で寄生していますが、犬や猫に吸血する際に、幼生状態のフィラリアがペットの体内に移行し、その後は脱皮を繰り返しながら成長し、最長では30cm近くのサイズにまで成長することがしられています。成長すると繁殖能力も獲得するので犬などの体内でも増殖を開始し、全身に寄生しますが最終的には、心臓や肺動脈に行き着きます。心臓のなかでも右心室に好んで寄生し、糸状の身体で幾重にもとぐろを巻くかのような形で寄生します。酸素の豊富な血液を心臓に届ける肺動脈と、酸素の豊富な血液が最初に循環する右心室が侵されるので全身の細胞に十分な酸素を行き渡らせることが難しくなります。そのため息切れや散歩の途中で立ち止まる、慢性的に頑固な咳が続くなどの症状を呈するようになります。さらに進行すると、肝臓への十分な血流を確保できなくなることによる肝腫大や腹水、浮腫など多彩な症状が出現します。末期には肺動脈などが閉塞をきたしてしまい心停止で急死することも珍しくありません。

フィラリア症は時間をかけて進行するので、数年単位で経過することもよくあるものの次第に全身状態が衰弱したり、心不全などで、適切な治療を行わない限り最終的には死の転帰を辿ります。フィラリア症の治療法は確立されており、駆虫剤の投与や外科的にフィアリアを心臓から摘出する方法などの選択肢があります。治療法が確立されているにもかかわらず、現在においてもフィラリアがおそれられるのは、飼主さんが症状に気付いた時にはすでに衰弱や病状が進行しているため、根治的治療を行うのが難しくなっていることが多いからです。仮に進行した病状の段階で駆虫剤などを投与しても、フィラリアの死骸が肺動脈などの大血管を塞いでしまい、突然死するリスクも。

このように一度発症すると、根治治療をするのが難しいので定期的に駆除剤を投与することがポイントです。まだ皮膚に寄生している幼生の段階で駆虫剤を投与することで、安心かつ確実にフィラリア原虫を駆除し発症を予防できます。予防のためのフィラリア駆虫剤は動物病院で入手するのが元素即ですが、診察料などもかかります。リーズナブルな価格で購入するには、あんしん通販マートのような個人輸入代行の通販サイトを利用するのがおすすめです。