犬の毛をカットする様子

ペットの健康の目安に便の状態を毎日、チェックしている飼い主さんは多いはずです。何らかの原因で、便がゆるくなり下痢をしてしまうと飼主さんも心配になるもの。蹴りをする原因には色々な原因が想定され、症状の程度も緊急を要するものから様子見ですませて大丈夫なものまで、バラエティに富んでいます。便通の変化を目にしても適切な対処を取ることができるように、ペットが下痢をする原因の代表的なものについて基礎的知識を抑えて起きましょう。

元来ペットの健康な便通の状態については、個体差がありますが概ね1日1回あれば正常と考えて間違いないでしょう。なかには散歩にでないと排便しなかったり、屋内で自由に便通できる環境にあったりすると小分けにするなどの傾向があるものの、とりあえず1日に1回を健康な目安に考えて良さそうです。そこで便通の回数が増えて、下痢などの便通の異変が見られるときは、やはり胃腸などの消化管の炎症などを想定することが出来ます。胃腸に負担をかける要因にはフードをいきなり変更したりするのも要因になることも。たとえばドライフードを与えていたのに、いきなりウエットタイプのフードに切り替えたりすると消化管に負担になり便がゆるくなるのは珍しくありません。

なかには特定の食材にアレルギーをもっていると、体質にあわない原材料が配合されたフードを与えていると慢性的な下痢を引き起こすことも。好き嫌いが激しいからと、頻繁にフードを変更するのも胃腸に負担をかけることになります。子犬などでは寄生虫が消化管に寄生することが便通異常の原因になることもあるようです。もっとも人間にとって病原性が高いノロウイルスやロタウイルスなどは、ペットに病原性を発揮しないタイプなので買主からペットへの感染はあまり心配する必要はありません。

これに対して動物病院などで適切な治療を受けるべき下痢には、どのような特徴があるのか。まず便通の回数が頻繁で水様状の便を繰り返すようでは、脱水症状の危険があるので、すみやかに動物病院に連れて行くのが賢明です。特に下痢だけでなく嘔吐を伴ったり、便に血液が混入するような状況が見られたときは要注意。鮮血ならば直腸など肛門の近くの炎症、どす黒い色であれば胃などの上部消化管で出血点が存在していることを示唆する徴候です。動物病院に行く際には便を検体として持参することも検査に役立ちますが、ペットに負担をかけることなく綿棒などで検体を採取できるのでムリをしてまで便の一部を持参する必要はありません。