借金と比較したクレジット現金化の安全性や安全に行う方法等について

現金が必要になったときに選択肢として挙げられる消費者金融やカードローンによる借金では、勤め先や年収や家族構成などを業者に伝えなければなりません。

一方、ショッピング枠で購入した商品を換金するクレジットカード現金化では、業者に依頼する場合でも細かい個人情報を伝える必要はありません。

申込者とカードの名義人が一致していて、身分証明書を提示できれば行うことができます。

そういう意味ではクレジットカード現金化は個人情報が流出するリスクが低いので、安全性が保たれています。

ただし、中には悪徳業者も存在するので、必要以上に個人情報を聞き出そうとする業者には注意した方が良いです。

また、業者の指定する商品を購入して手続きを行ったのに現金が得られないとか、公表され手いる還元率よりもかなり低くなる場合もあります。

還元率が98%など高い還元率を謳っている業者には注意をした方が良いです。

少しでも優良な業者に依頼するためには、業者のホームページなどで情報を収集することが大切です。

ビジネスとしてクレジットカード現金化を行っている業者はホームページの作成にも力を入れていて、ホームページ作成会社に依頼しています。

したがって、優良な業者はホームページのデザインが見やすいです。

また、優良な業者の場合は会社の所在地や運営代表者のフルネームや建物名などの記載があります。

また、連絡先が携帯電話の番号しかない場合は、いざという時に連絡が取れなくなる可能性があります。

さらに、実際に固定電話の番号に電話をして業者の対応をチェックすると、優良な業者かどうかある程度判断することができます。

参考までに:ネオギフトの評判はこちら


タグ :